バンコクで小児歯科【歯医者さん探し・費用はどれくらい?】

日本ではコンビニよりも歯科院のほうが多いとよく聞きますが、
タイでもかなりの数があり、
スクンビットエリアでは日本語が通じる歯医者さんもたくさんあります。

日本では3ヶ月に1回、歯医者へクリーニングやフッ素の塗布で通っていた我が家。
家での歯磨きの甲斐もあってか、子供達は虫歯知らず!
バンコクでも子供達の歯科検診に行ってきたのでレポします。

日本から離れた環境では歯医者さん探しにも不安がつきものですよね。
どなたかの参考になれば嬉しいです!

Contents

富士JDC歯科医院 プロンポン駅前店

日本人常駐のクリニックで、小児歯科メニューがあります。
複数のお友達から「いいよ~」と聞いたので行ってきました。

クリニックの概要 予約方法について

プロンポン駅からすぐ、フジ1の近くでアクセスしやすいです。
診療時間10:00-19:00
予約制 公式ラインから(日本語OK!)

清潔感のあるクリニックで、
日本の歯科医院と同じような居心地です。

東京医科歯科大学の学位記が飾ってあります。

Nico

私が親知らずを抜いてもらったところだ!

歯科検診を実際に受けてみて

先生は穏やかな女性の方で、
子供達も怖がらずに受けることができました。

口腔内の状況について通訳の方が都度細かく教えてくれて不安感は全くなし。

STEP
検診

上の子も下の子も、日本でしてきていた虫歯予防のシーラントが
取れていたようです。
下の子は少しだけ歯石があったようです。

STEP
クリーニング

先生が子供達の手をとり道具を見せて、
「この道具はこんな風に使うよ、痛くないよ」と説明してくれました!
日本で通っていた歯医者さんみたい…!

STEP
シーラント

取れてしまったシーラント跡の部分に着色があったようですが
虫歯ではなくクリーニングですっかりきれいになったそうな。
改めてシーラントをしてもらいます。
これも日本と同じ!

STEP
フッ素塗布

最後にフッ素。
次は6ヶ月後で良いそうです。
ご褒美にシールをもらって終了。

Nico

次回までの間隔、日本より長い気がする。笑

たくさんある歯医者さんの中で、治療方針や丁寧さなど、
どれだけ信頼できるかが重要かなと思っていて
こちらの歯医者さんはとっても安心して受けることができてとても良かったです!

タイの歯科医院の費用について

タイでは歯科医院は保険不適応なので自費になります。
日本が異様に安いだけで、海外は高いんですよね。
アメリカもそうでした。

今回の2人分の費用、
5540THBでした!(22160円ほど)
検診、シーラント、クリーニング、フッ素
LINE登録によってディスカウントがあります。

保険は使えませんが、会社がカバーしてくれることも。
お友達に聞いたところでは少数のようでした。

そもそも虫歯にならないために

子供達は今まで虫歯になったことがありません。
私自身も歯のケアが大好きなので、
子供達の歯も守りたくて仕上げ磨きと、必ず!フロスをしています。

子供達が小さい時はこの味付きのフロスを使っていました。
おかげでフロス大好きに!

今の愛用はこちら!
私はどうしても紐状のフロスが苦手でY字型を使っているのですが、こちらは他のものより使いやすい!
大人もこれ!糸が太すぎないので子供たちもこれ!
院内指導用としても使われています。

歯の隙間の歯垢は歯ブラシだけでは60%しか取れないそうです。
小さな時からフロスが日課だったので、
子どもたちもフロス大好き!笑

ヘッドの小さい歯ブラシもバンコクではあまり見ないので、
日本から大量に持ってきました。

日本で通っていた歯医者さんに推奨された歯ブラシ。
ヘッドがコンパクトで、子供の小さいお口の中で細かく磨くことができます。

上の子のお気に入りはクリニカ。
「薄くて磨きやすい!」とCMみたいなことを言っていて笑いました。笑
使い心地は子供にもわかるんですね。

まとめ

いかがでしたか?
日本でさえ歯医者さん選びって大変な印象なので
海外で歯医者さんに行くって少し勇気が必要ですよね。

どなたかの参考になれば嬉しいです!

歯医者の費用が高額なこともありますし、虫歯にならないことが1番ですね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
Contents